注目キーワード
  1. 理学療法
  2. 楽天
  3. 節約
  4. NISA

Amazonアソシエイトに登録されるポイントはこれ!【私の失敗談より】

  • 2019年8月21日
  • 2019年12月14日
  • ブログ
  • 112view

先日、10記事投稿の記念にGoogleアドセンスに申し込みました。

詳細はこちらです。

関連記事

[adcode] 私は理学療法士をしています。 理学療法士をご存じない方も多いとは思いますが、仕事内容は別にして要するにサラリーマンと同じです。 今年に入ってから、自分の今までの人生を見直し、将来の子供のこと夫婦での生活などを考えると[…]

結果は見事合格です(^^)

そしてつい先日、初収益を上げることができました。アドセンスを記事につけてから5日目の出来事です。

金額はもちろんわずかです。缶コーヒー2本分(^^)

それでも、私にとっては本業以外での初めての収益のため、かなりテンションが上がりました。

そして、テンションの上がった私は、アフィリエイトにも手を出しました。

今回はその時の失敗談をお話しします。

Amazonアソシエイトの登録に必要な情報収集

何からしていいのか分からない私は、まず有名なAmazonの登録からすることにしました。

ネットでいろいろ調べてみると

・ブログの記事数:10記事程度

・Amazonの購入履歴またはAmazonプライム入会

・禁止事項にふれていないか:性的・暴力・誹謗中傷など

・他のアフィリエイトを記事に乗せていないか

・ブログの運営期間:半年以上

・お問い合わせをつくる

などなど、みなさんの経験をもとに審査合格のためのコツが書いてありました。

アドセンスよりも簡単という意見が多い、一方で何度も落ちているという人もいて不安はありましたが、落ちたらその時に対策を考えようと思いとりあえず申し込むことにしました。

この時点では、上記の項目の運営期間以外は問題ないと思っていました。

一回目の審査結果は?

不合格・・・(-_-;)

はっきり言って余裕で受かると思っていました(^-^;

メールには不合格の理由の可能性について書いてありましたので一部紹介します。

1.Webサイトが未完成または作成したばかりであるため審査が行えない場合

2. お申し込みのURLに入力誤りがあるのでサイトを確認できない、または他者(社)が運営するWebサイトやURLでのお申し込みの場合

3. Webサイトに閲覧規制がなされており、内容を拝見できない、または閲覧規制をかけているコンテンツを含むWebサイトでお申込みのため審査が行えない場合

4. お申し込みフォームにご登録の住所、氏名、電話番号が正しくない場合

5. Webサイトのドメイン名の中に、「amazon」「javari」「kindle」やその変形、またはスペルミスを含んでいる場合
*SNSでこれらを含むユーザー名を名乗ることもお断りしております

6. 知的財産権を侵害している場合

7. 露骨な性描写がある場合

8. 未成年の方のお申し込み

この中で、思い当たるのは1.のサイト未完成か2.4の入力ミスによるものしか考えられませんでした。

でも、アドセンスが通っているのでブログができてからの期間が短いとはいえ審査できないほどではないと思いました。

また、URLもサイトからコピーしていますし、残りは住所や氏名ですが、これもなかなか間違えません。

う~~~~~ん(-_-;)

あっ!!!( ゚Д゚)

とんでもないことに気づきました。

Amazonのアカウントに注意しましょう

Amazonアソシエイトに登録するには、まずAmazonのアカウントを作らなければいけません。

私は、Amazonプライムにも入会していますので当然アカウントはあります。

そのアカウントは利用して登録しました。

ここからです。

私がAmazonのアカウントに登録しているメールアドレスは普段使い用のため、ブログ用にアドレスを変更しようと思っていました。

しかし、Amazonアソシエイトのメール変更はちょっと特殊で、というか面倒くさいんです。

普通は登録アカウントのアドレスだけ変更すればいいのですが、Amazonアソシエイトは一度登録したら、別のAmazonのアカウントを再び作ってアカウントごと変更しないといけません。

変更方法は公式ホームページに書いてあります。

もうお分かりですよね。

私、申請中にメールアドレスを変更してしまったんですよね(^-^;

うっかりにもほどがあります。

さっそく、もとのアカウントで申請し直しました。

二回目の審査結果は?

見事合格です(^^)/

メールより抜粋

「Amazonアソシエイト・プログラムにお申し込みいただき、誠にありがとうございます。当プログラムへの参加のお申し込みを正式に確認させていただきましたので、お知らせいたします。」

今回かかった時間ですが、

・一回目の申請より7時間後、不合格

・不合格より13時間後、二回目の申請

・二回目の申請より11時間後、合格

結局2日間かかりましたが、一回ごとの対応は早かったですね。

1回目から2回目にかけては、記事の更新もしていなかったため、違うことといえばアカウントのみ。

・一回目は初めて作ったアカウントでAmazonの利用なし

・二回目のアカウントは以前より利用しているアカウントで、商品の購入はもちろんのこと、Amazonプライムにも入会しています。

このことから、ネットでも合格のための注意事項にある通り、AmazonアカウントでのAmazonの商品購入もしくはAmazonプライムの入会が必須ではないかと思われます。

私の合格時のブログは

・記事数11

・文字数平均2000文字

・開設期間2週間

と決して内容の充実しているものではありません。もし私よりもベテランの方々で、何度も落ちている方は商品購入や入会を考えてみてはいかがでしょうか?

また、私ほどの間抜けはいないと思いますが、申請途中でアカウントの変更は絶対にしないようにしましょう(^-^;

ちなみに他のASPにも登録しましたが、どれもブログの紹介を250文字程度で書かなくてはいけませんでした。

これ結構迷いました。

・ちゃんと文字数ギリギリまで書かないといけないのか?

・内容はどこまでしっかり書く必要があるのか?

などです。以外と情報もなかったので、参考までに私が書いたのを載せておきます。

「仕事やプライベートで経験したことで、みなさんに見直して頂きたいことを発信していきます。」

全てこれで登録しました。

今のところ不具合はないようです。しっかり書くにこしたことはないでしょうが、これくらい緩くても大丈夫そうです。

参考にして頂ければと思います(^^)

※ちなみにAmazonプライムに登録していない方は、この機会に是非登録してみて下さい。特に、小さいお子さんのいる家庭はいろいろなアニメとか見ますよね(^-^;レンタルするよりも絶対お得です。Fire TV Stickを使えばテレビでAmazonプライムのビデオだけでなく、youtubeやその他の番組も見れますよ(^^)

こちらで詳しく解説してます。

関連記事

Amazon(アマゾン)prime(プライム)を数年間使い続けている私がおすすめポイントを紹介します。 最初はもちろん「月にお金を払ってまでサービスを使う必要はないだろう」と思っており、無料期間から始め、その後は月払いにし、いつでも辞められ[…]


Fire TV Stick – Alexa対応音声認識リモコン付属