注目キーワード
  1. 理学療法
  2. 楽天
  3. 節約
  4. NISA

ワイモバイルからソフトバンクへの移行は本当にお得?【iPhone11の場合】

  • 2019年11月9日
  • 2019年12月16日
  • スマホ
  • 213view

2019年9月にiPhone11が発売され、機種変更された方も多いのではないかと思います。

11月現在、私はまだ変更していないのですが、発売から時間が経つにつれ、どんどん情報がでてきており、かなり購買意欲が高まってきました(^-^)

私は今ワイモバイルでアンドロイドを使用しており、前々から機種変更をしたいと思っていました。

ところが、ネットで変更しようとすると「ソフトバンクへの移行がお得ですよ!」とか

職場でも「ソフトバンクに変更するとお得になるから変更したよ」という声を聞きます。

しかし、職場の人は大型ショッピングモールや家電量販店のイベントで捕まって、話を聞いてそのまま契約した人がほとんどのため、ちょっと信用なりません。

私もよく声をかけられます。

「ワイモバイル1年以上使用しているなら、ソフトバンクにするとお得ですよ」
「今ならはずれなしのビンゴで景品もありますよ」

みたいな勧誘がよくありますが無視してきました。

タダより怖い物はない!

そう思い無視してきましたが、周りにあまりに多いため、本当はお得なのではないかと思い、今回調査してみました。

結論は

私はワイモバイルが安い

微妙な結論ですが、条件によっては本当に微妙な人もいると思うので、ぜひ確認してみて下さい。

ワイモバイル・ソフトバンクでiPhone11を買う場合の値段の違い

まずは機種の値段に違いがあるのかを比較します。

ワイモバイルの場合はiPhone11がないため、アップルストアでSIMフリー版を購入したとして計算します。

一括 24回払い
アップルストア 82,280 3,428
ソフトバンク 89,280 3,720

これだとソフトバンクの方が7,000円高い計算になります。

しかし、2019年11月現在のソフトバンクは支払いを48回払いにすることで、月々の返済を半額にすることができます。

そのかわり購入より25ヶ月目に必ず機種変更をし、その機種を返却しなければいけません。
さらに、プログラム使用料として月々390円かかります。

実質年率0%と記載してありますが、これが利子の変わりのようなものですかね(^-^;

そのパターンがこちら

月々の支払い 合計支払い
ソフトバンク
24回払い
3720 89,280
ソフトバンク
48回払い
1,860+390=2,250 44,640+9,360=54,000
アップルストア 3,720 82,280

このように2年間限定で使うならソフトバンクの48回払いが一番支払いが少なくてすみます。

ただし、注意点として
機種回収時に査定がおこなわれ、条件を満たさなかった場合はプラス20,000円とられます(>_<)

そうなると合計支払いは
54,000+20,000=74,000円です。

アップルと比較しても9,000円も差がなく、機種もとられます。

もし、24回払いやアップルで購入していれば、下取りにも出せるので、悩ましいところですね(^-^;

これはその人の好みにもよるでしょうが、私は2年で機種変更するかも分からないので、48回払いはしないと思います。

よく分からんプログラム使用料も取られるし、iPhoneは傷つきやすいので査定も心配ですからね。

ワイモバイルとソフトバンクの基本料金を比較

次に毎月かかる使用料金を比較していきます。

2019年10月より新料金になったため、そちらに変更した場合での比較です。

また、いろいろと条件があり、全てを網羅すると結局ごちゃごちゃして分かりにくくなるため、できるだけシンプルに、最低料金での比較とします。

実際の価格とは多少異なることをご了承の上、おおまかな値段の目安として確認して下さい。

ワイモバイル
スマホベーシックプランS
(3GB)
ソフトバンク
ミニモンスター
(1GB~)
初月 2,180 1,980
7ヶ月目まで 1,480 1,980
14 ヶ月以降 2,180 2,980
2年合計支払い 48,120 59,520

※ワイモバイルはおうち割光で-500円した値段です。
※ソフトバンクはおうち割光で-1,000円と1年おトク割-1,000円の計-2,000円した値段です。

使用料だけでみると、やはりワイモバイルの圧勝ですね。

しかし、ここでもう一つポイントがあります。

ワイモバイルからソフトバンクに変更すると、特典として2年間毎月-1,000円になります。

するとソフトバンクは合計35,520円になり逆転します。
※サイトには最大39,500円割引と書いてありますが、15,500円は事務手数料が無料になった場合なので、今回は料金にカウントしていません。

しかし、もう一つポイントがあります。

ワイモバイルは通話が10分かけ放題が無料、無制限で月1,000円
ソフトバンクはかけ放題がオプションで5分なら月500円、無制限で月1,500円

となっています。

少なくともソフトバンクなら5分かけ放題をつけると思われるため、2年間で12,000円となり、合計47,520円となります。

あらためて

ワイモバイル48,120円
ソフトバンク47,520円

ほとんど差がないですね(^-^;

これでワイモバイルは通話時間が長く、GBも多いです。

では、最大容量で比較してみます。

ワイモバイル
スマホベーシックプランR
(14GB)
ソフトバンク
ウルトラギガモンスター
(50GB)
初月 4,180 5,480
7ヶ月目まで 3,480 5,480
14 ヶ月以降 4,180 6,480
2年合計支払い 96,120 143,520

これに上記と同じ、乗り換え割引-24,000円と5分かけ放題+12,000円で計算すると、132,520円となります。

もちろんGBとが全然違うため、当たり前の差ですが、ウルトラギガモンスターの場合はもう一つの特典みんな家族割があります。

これが最大4人で契約すると-2,000円となり、2年間で48,000円になり、

合計84,520円

となり、かなりお得になります。

このパターンなら、ソフトバンクもありかもしれません。

しかし、私の場合は妻と2人で、ほぼ自宅でしか使わないため、そんなにGBもいりません(^-^;

iPhone11の機種代と使用料の合計比較

最後にどちらも合わせた場合の合計を見ていきましょう。

ワイモバイル:82,280 + 48,120 = 130,400円
ソフトバンク:89,280 + 47,520 = 136,800円(24回払い)
ソフトバンク:54,000 + 47,520 = 101,520円(48回払い)

このような結果となり、一番安くするなら、

ソフトバンク
・48回払い
・ミニモンスター
・iPhone11を壊すことなく25ヶ月目に返却する

あくまでも一番安く抑えた場合での比較です。

また、お互い新規であれば、ソフトバンクが24,000円高くなります。

さらに上記でも述べたように、GBと通話時間の問題があるため、その点を考慮する必要があります。

GBをもっと増やしたい人は家族みんなで乗り換えることでお得に使用できる可能性があります。

個人的にはGBもそんなにいりませんが、1GBはさすがに少ないため、やはりワイモバイルになるかと思います。

細かい条件はそれぞれの環境によって異なると思いますので、私のは参考程度にして頂き、サイトのシミュレーションで料金比較をして下さいね。

ワイモバイル

ソフトバンク

ちなにみ、10月から2年の縛りなしと言われていますが、現在契約中で2年未満の方は、まだ縛り中なので気を付けて下さい。

もし他社に変更するなら、従来通り契約月を含めて3ヶ月間は違約金がかからずに変更できます。

しかし、もしその期間に変更することを忘れてしまったら、さらにもう2年の縛りと今までの料金・制度と同じ扱いになりますので注意して下さいね。

まとめ

結果はいかがだったでしょうか?

意外といい勝負でしたね(^^)

ソフトバンクへの乗り換えでおトクに感じる人もいれば、そうじゃない人もいるかと思います。

ここで言いたいのは、相手の言われるがままに契約するのはやめて下さい。

ということです。

相手は何とかして、契約を取ろうとしているので、不利になるような情報は言ってきません。

もし、思考停止で言われるがままだと、結果的に損している場合があるため、ちゃんと自分の頭で考え、納得した上で契約をして下さい。

この記事はそのための、参考になればと思っています。

ちょっとでも参考になればうれしいです(^^)