注目キーワード
  1. 理学療法
  2. 楽天
  3. 節約
  4. NISA

投資に必要な「入金力」とは?【入金力を高める5ステップ】

  • 2020年5月21日
  • 2020年5月21日
  • 57view
投資に必要な入金力とは?
分からない女性
投資をやっていると「入金力」が大事だと聞きますが、どうしてですか?
ついでにどうやったら入金力を高めることができるのか教えて下さい。

こんなお悩み解決します。

今回の投資とは株式投資のことを指しており、主に投資信託のことです。

では投資に必要な「入金力」とは何か?

投資に回せるお金のことです。

つまり、どれだけ投資にお金を使えるかということですが、当然お金が多ければ多いほどお金が増えやすいのは分かると思います。

ではどれだけ入金力の違いで差が出るのか分かりますか?

最初に100万円の株を購入して20年間保有するとします。年利は5%です。

・毎月の入金なし
・毎月1万円の入金
・毎月10万円の入金

20年後には

・270万円
・680万円
・4,380万円

0円と10万円では20年後に資産が16倍も変わってきます。

1万円だとしても2倍以上の差になります。

なぜこのようなことが起こるのか。

投資の仕組みから入金力の重要性を解説します。

また、この入金力を高めるための方法についても解説します。

投資に必要な「入金力」とは?:入金力が大事な理由は3つ

1,2,3

入金力が重要な3つの理由について解説します。

利回りの低さを補う

みなさんは株式投資の利回りは何%ぐらいかご存じでしょうか?

平均して3~7%ぐらいに落ち着くと言われています。

要するに

100万円分の株を1年間保有し続けたら、103~107万円になるということです。

銀行に預けておくよりはよっぽど良いですが、それでも100万でようやく7万程度のプラスです。

月に換算すると約6,000円弱です。

電気代ぐらいにはなりますかね(^-^;

ですが、これが1,000万円になると年間70万で、

月に6万円近くもお金が増えることになります。

6万あれば家賃ぐらいは払えますね。

さらに入金力を高め3,000万円投資できれば、年間210万円です。

月18万円近くも増えます。

普通に給料ぐらいの金額です。

こうなれば、かんりゆとりのある生活を送ることができそうですね。

つまり株式投資で豊かになりたければ、多くの資金が必要だということです。

複利の力を最大限に活かす

株式投資で豊かになるためには多くの資金が必要であることが分かって頂けたと思いますが、とはいえそんなにまとまったお金があるわけないですよね。

そこで、一度に多くのお金を投資するのではなく、毎月コツコツと入金を続けることで、最終的な資産を増やしていきます。

そこで大事なのが複利の力です。

最初に述べたように年間10万円の入金を続けることで、20年後の資産に16倍もの差がでました。

これが複利の力です。

複利とは100万円を年間7%で運用できた場合に

・1年後107万(前年より7万プラス)
・2年後114.5万(前年より7.5万プラス)
・3年後122.5万(前年より8万プラス)

といった具合に毎年増えた利益に対しても利率が上乗せされる仕組みのことです。

つまり、入金されている資金が多ければ多くなるほど複利の効果が大きくなります。

さらに時間を味方につけることで、複利の効果が増大します。

仮に同条件で毎年100万円積み立てできれば

・1年後107万(前年より7万プラス)
・2年後222万(前年より15万プラス)
・3年後345万(前年より23万プラス)

となり、先ほどよりもプラスの幅が大きく増えているのが分かると思います。

このように複利の力を上手く利用するためにも、入金力を高めることが重要になります。

チャンスを逃さないため

これは投資信託よりも、個別株を購入する場合に重要になります。

株は安い時に買って、高くなったら売るというのが基本です。

しかし、安くなった時に買えるだけの資金がなければ、せっかくのチャンスを無駄にしてしまう可能性があります。

しかも個別株は基本は100株からしか買えないため、100万単位での資金が必要です。

いつでもチャンスが掴めるよう、資金を調達しておくことが大事です。

少額から始めたい人は1株から買えるネオモバから始めてみて下さい。

こちらで概要説明してます。

≫ ネオモバ【SBIネオモバイル証券】は本当にオススメなのか?

投資に必要な「入金力」とは?:入金力を高める5ステップ

上昇

では、入金力を高めるにはどうしたらよいのか、5つのステップで紹介します。

ステップ①:必要な入金力を決める

そもそもあなたは何のために投資を始めますか?

・老後2000万円のため
・子供の教育費のため
・セミリタイアするため

理由は様々だと思いますが、まずはここが大事です。

そしてそれを何年後までに達成したいのか。

ここの違いで必要な入金力が大きく変わってきます。

例えば、子供が産まれてすぐに大学進学に備えて、18歳までに1,000万円用意しておきたい。

こんな人の場合をシミュレーションすると

1000万に必要な積立額

毎月の積み立て必要額は28,637円です。

次に20歳の人が45歳までに5,000万円の資金を作ってセミリタイアしたい場合

5000万に必要な積立額

83,962円必要になります。

投資目的により必要な入金力が大きく異なることが分かります。

これらのシミュレーションは

楽天証券の積立かんたんシミュレーション

でいろいろなパターンを無料で試すことができます。

まずは将来について考えてみましょう。

ステップ②:収入と支出を把握する

次に大事なのが、収入と支出を把握することです。

当然ですが、入金力を高めるには

・収入を増やす
・支出を減らす

このどちらかをやるか、どちらもやるしかありません。

しかし、そのためにはまず、現在の状況は把握する必要があります。

あたなは家計簿をつけていますか?

1~2ヶ月でもいいです。

一度つけてみて下さい。

すでに分かっている方は大丈夫です。

どうしても面倒くさい人はアプリを頼りましょう。

ものすごく便利なアプリがあります。

こちらの記事で紹介しているので参考にしてみて下さい。

≫ お小遣い制はありえない【もっと簡単に貯金を増やす方法教えます】

ステップ③:固定費を削減する

収入と支出を確認できたら、まずは支出の無駄をなくしていきましょう。

オススメなのは、毎日のコツコツした節約ではなく固定費の削減です。

主に

・電力会社の変更
・格安SIMへの変更
・自動車保険の変更
・生命保険の変更

これらを変更することでかなりの節約に繋がります。

特に電力会社の変更はすぐにできるので、今すぐやって下さい。

こちらの記事で詳しく解説してます。

≫ 楽天でんきを使ってみた感想【9ヶ月間の記録お見せします】

今なら格安SIMだけでなく楽天アンリミットもおすすめです。

≫ 楽天モバイルの新料金プランは本当にお得なのか?【メリット・デメリット】

私の固定費の削減について知りたい方はこちらの記事を参考にして下さい。

≫ 【固定費の見直し】その保険いりませんよ【私は9万円節約できました】

ステップ④:転職する

ここからは収入を上げることについてです。

一番手っ取り早いのは転職です。

まだまだ日本は「終身雇用」と「転職すれば年収が下がるのが当たり前」という意識が強いと思います。

しかし、実際はそうでもありません。

それは転職の探し方の問題だと思います。

無料の求人雑誌やハローワークで仕事を探していませんか?

それではいい求人情報はありません。

一番間違いないのは転職エージェントを利用することです。

ちょっと面倒に感じるかもしれません。

しかし、このちょっとした手間をかけるだけで、あなたの条件に合わせた仕事を紹介してくれます。

理由としてはこの人たちも、採用を決めることで企業からお金を貰っているからです。

そのため、一生懸命になってサポートしてくれます。

だからといって、こちらのサービスも無料で利用できます。

一度相談してみてはいかがですか?

あなたの市場価値が分かりますよ。

転職成功の秘訣は【非公開求人】にあった!/DODAエージェントサービス

それでも転職サイトを使いたくない人は、まずこちらの転職本を読んでみて下さい。

転職で必要なことをストーリー仕立てで分かりやすく解説してくれています。

しかもAudible(オーディブル)なら1冊無料です。

まだ試したことがない人は無料で1冊聴いてみましょう。

オーディブルについて知りたい方はこちらから

≫ Audible(オーディブル)とは?【オススメの特徴を紹介】

ステップ⑤:副業する

こちらは、すぐに収入が増えるわけではないですが、転職よりも気軽に始めることができます。

副業の種類は何でもいいですが、

・ブログ
・YouTube
・プログラミング

などの在宅で手軽に1人で始められることをオススメします。

短時間や1日だけのアルバイトにいってもいいのですが、純粋に労働時間が増えてしまい、その分体力も削られていきます。

時間の融通もききませんし、休めば当然お金も貰えません。

それよりも、自分のペースででき、将来の資産になる可能性のある在宅ワークを始めてみてはいかがでしょうか。

そして、そこでの収益を入金力として投資に回して、さらに不労所得を増やしていきましょう。

投資に必要な「入金力」とは?:まとめ

まとめ

入金力が重要な理由

・利回りの低さを補う
・複利の力を最大限に活かす
・チャンスを逃さないため

入金力を高める5ステップ

①必要な入金力を決め
②収入と支出を把握し
③固定費を削減して
④転職で収入を増やし
⑤さらに副業で入金力を加速させる
以上のステップを実行することで、入金力を高め、将来へと繋げていきましょう。
あなたの目的を達成するためには入金力が必須です。
普段の支出を見直し、収入を増やせるよう頑張っていきましょう(^^)